休止期の髪の毛を活性化させる育毛剤

髪の毛をうまく育てていくためには、数年ごとに髪の毛が切り替わっていく毛周期のサイクルを熟知する必要があります。

 

髪の毛は成長期の段階に太く長く成長していくのですが、そこから数年が経過すると退行期にあたり、ここで成長がストップした状態になります。

 

それから数年たつと休止期にあたり、この状態になるといつ抜けても良い状態となるのです。

 

つまり、私たちの抜け毛の状態は、休止期になっている髪の毛が順次抜けているということになります。

 

つまり、この休止期の状態になっている髪の毛の量が多いことが要因であり、育毛剤ではこの部分の髪の毛を活性化させることが狙いとなります。

 

発毛力の期待されるミノキシジルが含有されている育毛剤を使うと、この休止期の髪の毛を成長期の段階に切り替えることが出来るのです。

 

休止期の髪の毛は、すでに抜け落ちる寸前の髪の毛で、ここから成長することはあり得ないのです。

 

そんな事から、休止期の髪の毛がある程度の時期に一斉にのけて、成長期に切り替わる場合があるのです。

 

これが初期脱毛であり、これがあってからだんだんと成長期の髪の毛が作られるようになっていくのです。

 

このような良い効果のある育毛剤を使っていき結果を出すことが大事です。

育毛剤とシャンプーと櫛

 

育毛剤を頭皮にしっかりと浸透させるためには、頭皮の汚れをきれいに洗い流す必要があります。

 

そのためにシャンプーは欠かせません。

 

育毛剤を使用する前にはシャンプーで頭皮の汚れを洗い流す必要があるのです。

 

そしてシャンプーする前にあることを行うと育毛効果がさらにアップします。

 

それは髪の毛を櫛でとくことです。

 

シャンプー前に髪の毛を櫛やブラシでとくことで頭皮がマッサージされ、血行がよくなります。

 

またマッサージ効果は頭皮を柔らかくします。

 

柔らかくなった頭皮は育毛剤が浸透しやすくなるために、育毛効果がアップするのです。

 

また櫛で髪をとくことで髪の毛が真っ直ぐに伸びます。

 

実はこの状態はシャンプーが頭皮に行き届くのを助けるのです。

 

そのため櫛で髪の毛をとくことで頭皮についた汚れをきれいに洗い流すことができるのです。

 

少し面倒かもしれませんが、髪を櫛でとくという動作が育毛効果をアップしてくれることを考えれば、行う価値はあります。

 

またシャンプーが髪の毛自体にもよく行き渡るようになるために、髪の毛についている汚れが頭皮に触れるという状況も防ぐことができます。

 

ちょっとした努力が育毛に貢献してくれますので、ぜひ試してください。